top of page

新クエストモード「失われた報告書」が登場

超レアアイテムを入手可能!? 新クエストモード「失われた報告書」が登場 召喚モンスターバトル『ミラクルサマナー キュイ ~黄昏のルビーと秘密の約束~』(オープンβサービス中、以降『ミラクルサマナー キュイ』)では、2007年6月13日(水)定期メンテナンス後より、新しいクエストモード「失われた報告書」を実装します。 『ミラクルサマナー キュイ』では、クエストモードとして、今年3月に【飛竜の山の偵察】、4月に【ガルシスの試練】を導入しており、今回の「失われた報告書」は第3番目(第3章)になります。 「失われた報告書」は、1人参加型クエストで、誰でも参加することができます。続々と登場するモンスターを倒すことで次のステージへ進むことができ、最終ステージでは、凶悪なボスモンスターが待ち受けています。ボスモンスターを討伐し、かつスタート地点に戻るとクエストコンプリートになります。(ボスモンスター討伐後の帰り道にも、通常モンスターが登場。搭乗した召喚獣が3回やられると終了[失敗]) さらに、同クエスト中に、ドワーフ泥棒ギルドのエース【ラーク】が登場。この【ラーク】は、同クエストの最大の特徴になります。すばやく動き回り、姿をくらます【ラーク】を4回撃破すると、クエストコンプリート後のボーナスアイテムに、一定の確率で『ラークの盾』が現れます。 『ラークの盾』は、超レアな装備アイテムで、搭乗した召喚獣のHPを大幅に引き上げ、かつ回復の機能もあります。 新クエストモード「失われた報告書」詳細ページ 『ミラクルサマナー キュイ ~黄昏のルビーと秘密の約束~』 公式サイト

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page