top of page

新種は、さらなる進化を遂げる。 2011大型アップデートテトラロジー第3弾「DARK CHAMBER」!

新種は、さらなる進化を遂げる。 2011大型アップデートテトラロジー第3弾「DARK CHAMBER」!


 『Alliance of Valiant Arms』(アライアンス オブ ヴァリアント アームズ)において、「2011大型アップデートテトラロジー(4部作)」の第3弾として、初の感染モード専用に制作されたMAP「DARK CHAMBER」を、本日2011年9月21日(水)に実装いたしました。


 「DARK CHAMBER」は、細菌兵器に感染した「宿主や感染体」と「兵士」に分かれて、生き残りをかけた“鬼ごっこ”を繰り広げる、今年2011年4月に実装した「感染モード」の新MAPです。 これまで実装した「感染モード」の3つのMAPは、既成の他ミッションMAPを改造したものでしたが、「DARK CHAMBER」は感染ミッション専用に制作されたマップとなります。そのため、「逃走と追跡」という「感染モード」のルールがより面白く際立つような仕掛けが多く配置されています。  本MAPの特徴は、「ジャンプをしなければ行くことができない場所」と「身をかがめて歩かなければ行くことができない場所」、そして「堀の役割をする水槽に囲まれ、回復用のスティムパックがおいてある場所」の3つの守備エリアで構成されている点です。各プレイヤーがこれらを活用して追い詰めたり逃げたり待ち伏せたりするため、「逃走と追跡」のルールがより面白くなってくるよう考えられています。また、本MAPにおいて感染体は傷を追っても逃げ続けることで回復します。これにより、「追いかける側」と「追いかけられる側」がたびたび入れ替わる点も、これまでのMAPより「感染モード」の追いかけっこを、面白くしています。  なお、非常に好評をいただいております、怒涛の連続4回アップデート「2011大型アップデートテトラロジー」も、最後となる第4弾の実装を近日予定しております、 『Alliance of Valiant Arms』の今後の動きにも、ぜひご注目ください!


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page